Loading

3月の予約状況

黒澤永之亟の3月は、遊びに来るおすすめの月。山菜の季節です。

山菜と一括りに言ってもね、季節も長いし、種類も豊富。みなさんが思う山菜とはどのような植物でございましょうか?                  そこで3月ですが、この月は山菜は野草が主役。タラの芽などの木の芽は売っているの見かけますが、野草はなかなか売っていないですね。そんなことも有るからでしょうか?永之亟の3月はお客さん支持されている、おすすめの月なのでございます。旅先に御一考お願いします。

ヨモギで作る草餅も3月のこの頃からですね。出始めの柔い新芽を摘んで作ります。
出来上がりはこんな感じ。永之亟の人気の一品

話が変わり、1月の永之亟ともうしますと。昔からの風習に習い、正月の初詣から、20日の恵比寿講まで、忙しく過ごしてました。

1/7なんて北関東の茨城県笠間は極寒期です。草なんてほとんど生えてませんよ。というか凍てます。そんななか、見つけた野草と畑に取っておいたスズナ(カブ)とスズシロ(大根)。有難く粥に入れて食べました。
小正月1/15を迎えるに当たり、1/14午前中に餅つき。
1/14の午後は正月飾りをお焚き上げ。この辺では「ワーホイ」といいます。昔は地域で櫓組んで藁積んで盛大に燃やしてましたが、地区ではもうやってませんので、自分の畑で、個人的にやっています。
この焚き上げの火でね、午前中に搗いた餅を焼いて、無病息災を願って食べます。

この祭りの間に、蒟蒻作ったり、イノシシ捕まえたりと、暇なく暮らせまして、幸先の良い1年で御座います。

関連記事

  1. 農楽里ファームのビーガン料理
  2. 桜の花見をして参りました
  3. 初夏の様子となりました
  4. 正月に囲炉裏で餅を焼いて食べてみるのは如何で御座いましょう。
  5. 1/7は七草がゆ
  6. 6月の空き状況
  7. 料金の変更いたします。
  8. 新年のご挨拶

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP